DESIGN 贅沢な時が満ちる、センスが息づく。
この地の系譜を受け継ぎ、
次代の美意識を築く。

凛然としたフォルムに個性的な
デザインフレームが響き合い、
建物全体にセンシティブな印象を与えています。

洗練の都心邸宅美が映える
エントランス・デザイン。

住まいの顔となるエントランスアプローチには、潤いを感じられる樹木を配するとともに、
美しくデザインしたキャノピー(庇)を設えました。

アーティスティックな迎賓のエントランス。

エントランスホールは、外から見えることを意識した照明を配し、光に誘われるような贅とともに、住まう人を迎え入れる。深く、落ち着きに満ちたプライベートが始まります。装飾はシンプルに抑え、グレード感を際立たせたデザインはアーティスティックでもあり、ギャラリーのような空気感を漂わせます。

厳選された素材に息づく、
上質な空間を目指した
「ものづくり」への思い。

時とともに深まりを増す美しさを求め、タイルや天然石などにこだわりました。アースカラーの落ち着いた色調でエントランス周辺の空間を構成。暮らすほどに価値の確かさをご実感いただける質感を目指しました。

  • Material 01
  • Material 02
  • Material 03
  • Material 04
PAGE TOP