SAFETY 住まいの安全性と安心感を深める。

Security

24時間、常に暮らしの安心を見守ります。
365日24時間、異常をキャッチすると、
緊急の際にプロのガードマンが
急行し対処します。
SECOMセキュリティシステムを採用

玄関扉や窓の開閉異常を感知する
マグネットセンサーを設置し、
専有部をはじめ共有部での
異常をキャッチすると、
緊急の際にプロのガードマンが急行。
365日24時間迅速に対処します。

「防犯マグネットセンサー」を
全ての開口部に設置

リビング・ダイニングや居室の窓等、
および玄関ドアに防犯センサーを設置。
(固定窓は除く)
不正侵入を感知すると、
警報音を発すると同時に
セコムコントロールセンターに自動通報します。

  • 防犯カメラ

    犯罪抑止力を高めるため、密室となるエレベーター内や人の目が届きにくいエリアに防犯カメラを随所に設置。映像は録画され、万一の際に役立てられます。

  • エレベーター内監視モニター

    密室状態になりがちなエレベーター内に防犯カメラを設置しています。エレベーター内の状況を常に1階のエレベーターホールのモニターに映し出すので犯罪の抑止に効果的です。

  • 7インチワイドタッチパネルモニター

    オートロック、防犯センサー、ガス漏れ感知器、非常警報などとも連動するハンズフリータイプのセキュリティインターホン。留守中の訪問者を自動録画し、メッセージも録音します。

  • タッチレスエレベーターシステム

    エントランスに設置されたリーダがTebraキーを感知し、エレベーターを1階に呼び寄せます。ホールではエレベーターの利用を制限。Tebraキーを持った状態でリーダに手をかざすことで認証し、扉を開きます。

  • エレベーター非接触登録装置

    【乗場操作盤】利用者の手の動きを検知すると呼び登録ができるモーションセンサーを乗場操作盤に設置。【カゴ内操作盤】行先階ボタンの横にセンサーを設置。手をかざすことで行先階の登録が可能。

  • 防災備蓄庫設置

    防災備蓄庫をエントランスホールに設置。発電機や簡易トイレなどを常備し、万一の災害時に備えます。

Hands Free

24時間、常に暮らしの安心を見守ります。
マンションのエントランスから玄関まで、
1度も鍵を取り出さずにお部屋に入室可能。
共用部・住戸玄関ハンズフリーシステム

ハンズフリーシステム「Tebra pass(共用部)」と、
「Tebra plug(住戸玄関)」をダブル採用することで
マンションのエントランスから玄関まで、
1度も鍵を取り出さずにお部屋に入室可能。

  • Tebraキー(テブラキー)

    エントランスのリーダーから最大2m(ハンズフリーモードの場合)の範囲に居住者が入ると、キーを自動で検知してドアを解錠します。

  • 警備信号錠

    Tebraキーを鞄やポケットに入れたまま、専有部リーダのボタンを押すだけで玄関扉の施錠します。そのまま、約2秒間長押しすることで、警備信号がONになります。

  • キャンセラ搭載で誤解錠防止

    キャンセラによりキー認証範囲が室外側のみに限定されるため、室内側にキーがあっても室外側から解錠される心配がありません。

Entrance Door

こだわりの品質で、より安心できる毎日を。
  • 防犯サムターン & ダブルロック

    近年被害が増加しているサムターン回し対策用に開発したスイッチ式。サムターンをつままないと回らない構造になっています。

  • 鎌式デッドボルト

    鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライクにガッチリかみ合うことで、バールでのこじ開けに対する抵抗力を高めています。

  • 回り止め、裏ぶた付きドアアイ

    外側からはずされにくく、外から覗かれないように裏ブタを付けました。

  • 耐震玄関枠

    地震時に万一玄関枠が変形しても容易に開放できる構造を採用。住戸内に閉じ込められることなく避難できます。防音・断熱型で、防火性能も確保。

  • F22シリンダーキー

    約5兆を超えるキーパターンで、複製が困難なうえ耐ピッキング性能の高いシリンダーキーを採用。第三者によるキーの複製ができないようユーザーカードの提示がない限り鍵の複製ができないシステムです。

Structure

住まいの安全性とご家族の安心感を深めます。
A ボイドスラブ工法

各階スラブ厚は約240mm(水廻りを除く)。スラブ内の中空部(ボイド)が、荷重を軽減しつつ、高い強度を発揮し、小梁のないすっきりした空間を実現します。

B 二重天井・天井配管

天井とコンクリートスラブの間に、配線・配管用の空間を確保。マンションの躯体に、配線・配管を直接埋め込むことなく施工しているので、メンテナンスも容易なうえ、将来のリフォームにも配慮した工法です。

C 戸境壁

戸境壁は約200mm厚を確保し、強度と遮音性向上を図りました。また、縦横二重のダブル配筋により、構造躯体の剛性を高めています。

D 柱構造

柱の主筋を束ねる帯筋は、溶接閉鎖型フープ筋を採用。両端をすべて溶接・閉鎖することで主筋をしっかり固定し、地震による柱の座屈を抑制し、圧縮強度の増大に役立ちます。

  • 100年コンクリート採用

    コンクリートの強度は一般基準の強度(18N/m㎡)を大きく上回る約30〜36N/m㎡コンクリートを採用。強い力が加わる地震時にも壊れにくい強度を確保しています。

  • 遮音に優れた床材を採用

    上下階の音トラブルを未然に抑えるために、遮音性能L-45等級のフローリングを使用。「上階でスプーンを落とすと、かすかに聞こえる」レベルです。

  • 24時間換気システム

    浴室換気暖房乾燥機を利用し、住戸内にかすかな気流を発生させます。わずらわしい換気の手間もなく、ドアを閉めた状態で新鮮な外気を常時取り入れることができます。

  • アウトポール設計

    南面は室内側に柱を出さずバルコニーなど外側に出す設計を採用。室内に出っ張りがなくなり広く使え、家具などのレイアウトがしやすくなります。

  • ホルムアルデヒドの低減

    居室の内装の仕上げ、および換気等の措置のない、天井裏等の下地材などに使用される特定建材についてのホルムアルデヒドの発散量は極めて少なくなります。

  • フルフラットフロア

    和室や浴室をはじめ、玄関部分を除く室内の床段差を解消。つまずきによる事故を未然に防ぎ、お子様や高齢者にも優しい設計に。

  • 2つの住宅性能評価書

    住宅性能評価書は、いわばダイヤモンドの鑑定書のような、第三者評価機関による「住宅の鑑定書」です。「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づき、耐震性・耐久性・居住性など、一般の人には理解しづらいとされる各種性能が分かりやすく表示されます。

PAGE TOP